チュニジアへ里帰り 10


家族とほぼ、毎日一緒に過ごしました。
だんなさんはいなかったけど、わたしがすんなりと
家族の輪の中に入れるように、お父さんもお母さんも弟もお姉ちゃんも
自然に接してくれました。

行く前はすごく不安だったけど、いってみたら本当にふつうに家族みたいにしてくれました。
お姉ちゃんは自分のベッドの隣のベッドをわたしの居場所としてくれて。
いろいろ気遣ってもらってた毎日。
いろんな発見や気づきもあり。

お母さんとはマトマタ旅行でちょっとずつ本音も言えはじめて
関係も前より深まった気がしています。

お父さんは相変わらず、いつでもどこでも変わらない。
ただ夜になると夕食後はいつも、『こっちきて一緒にテレビ見よう』といってくれる。

そういう時間がどれだけありがたかったのか・・・と
今も思う。

入りづらい雰囲気だったらどうしようって行く前は考えてたけど
考えすぎに終わった。。。良かった。
弟も、いつもにやっとしながらなんだかんだ私のいうこと、聴いててくれてたし。
いっしょにDOMINOして遊んだり。

家族みんなに、ありがとう、の感謝だけ。

kazokuchunujia20140415.jpg

お姉ちゃんにも、いろんな刺激とパワーと気づきをもらったよ。
衝撃も多くて話題に絶えないお姉ちゃん。
お姉ちゃん・・っていう存在が自分にはいないから余計に新鮮だったけど、
まあ、お姉ちゃんにとっても、姉妹がいないから新鮮だったみたいに感じた。。
洋服ファッションショーみたいなの、見せてくれたり・・。
うちの姉妹はしないからそれもまた新鮮で ^^

fadhila20140423.jpg

YATIIKOM SAHHA!!!!!

そして別れ。

taiyara20140425.jpg

首都ではおじさん一家にも再会できて。

amarukazoku20140426.jpg

tunisiacooking20140427.jpg

美味しいチュニジア料理もごちそうになり。

今回、マトマタでもチュニスでもおじさんには本当にお世話になりました。
感謝感謝です。

そしておじさん一家との関係も深めることができました。

2014amaru0426.jpg

ちなみに、このおじさんの写真とうつっている料理、食堂で食べたんですけど、
めちゃくちゃ美味しくて、無我夢中で食べてしまいました。
キョフテージのサラダとメルゲーズをたべました。メルゲーズは残念、うつってませんが。
作り方とか細かいことはいい加減なことはかけないので書きませんが・・。
チュニジアにいかれたら、ぜひぜひお試しあれ、キョフテージ!!!メルゲーズ!!!!
ただでさえ、美味しい料理なのに、ここのおじさんばっかりの食堂はめちゃうま食堂でした☆

これでわたしの今回のたびの記録は終わり。
長い長い内容のこの記録、読んでいただいた方、ありがとうございました。
=========================================♪
つけたしはだんなさん用に。
だんなさん、もと同僚たちの写真。

coworkers20141.jpg

coworkers2.jpg

次回はまた、だんなさんと一緒にみんなと再会できますように!!!!!


midoundarknowary20140422.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。